さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2010年09月13日

民主党の代表選挙

まあ、選挙の結果予想はともかく、小沢氏が代表選挙に出たことの意義は、益々大きくなっていると感じています。政党の規約で定期的に選挙をやることが決まっているのですから、やるのは当たり前です。総理大臣が国民的人気が高いからといって、任期が切れた代表選挙をやらなくてもいいとする組織は政党といえません。

いい加減なダラダラ運営はキッパリやめて、勝った代表は政党の憲法ともいえる政党の「綱領」を国民に明確に判るように決定すべきです。

マニュフェストとは、民衆(国民)に向かって考えを明らにした『宣言』です。
歴史上初めて登場した「共産党宣言」(Das Kommunistische Manifest)がまさにマニフェストでした。

だから、マニュフェストをいう「民主党が共産主義だ」というのは、ためにする言い方であって、あまりにも「ものを知らない」人の論であることを示しています。


「国民のための政治にする」というのは、単なる美辞麗句ではなく立派な綱領としての目的となります。それを具体化するための政策課題(アジェンダ)を明確にすればいいのだとおもいます。
(単に、アジェンダ、アジェンダを連呼すればいいということでもありません)

政治には、「夢と展望」と「信頼」が必要です。
国民に希望をあたえ、それを実現するために努力するという約束が果たされなくてはなりません。

選挙前に、約束した「マニフェスト」は実行されなければ、民主主義ではありません。
自民党政権時代に、「選挙公約は当選すれば、守られなくても仕方がない」と思い込まされてきました。政権交代後に、自民党の亜流政権のようなことをやってはいけません。もう、私たちはそんなひ弱な国民から脱皮するために、政権交代を実現させたのではありませんか。既得権益を守ろうとする、マスコミ報道に惑わされてはいけないと思うのです。(こうめい 記)


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(政治)の記事画像
【小沢捜査の「原点」福島知事汚職の爆弾】
同じカテゴリー(政治)の記事
 【小沢捜査の「原点」福島知事汚職の爆弾】 (2010-10-11 08:32)
 痴呆国家・・・田中良紹(たなか・よしつぐ)のブログから (2010-10-11 07:39)
 小泉改造内閣が決まった。 (2004-09-27 17:50)
 クベイシ師、日本の自衛隊派遣に苦言 (2004-07-24 08:42)
 イラクの大量破壊兵器 (2004-07-15 06:01)
 「国を守る」とは国民の命より”国益”を優先すること (2004-04-13 12:53)

Posted by 北国こうめい at 12:36│Comments(0)政治
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
民主党の代表選挙
    コメント(0)